名作の舞台                                              □ 北海道和寒町 本文へジャンプ


塩狩峠
三浦綾子


   
 宗谷本線・和寒駅を発車した2両連結の上り列車は、ほどなく勾配をせりあがるように進んだ。二本の線路は大きくうねって緑の山合に延びる。塩狩駅の無人駅舎はその向こうにぽつんとみえた。
 塩狩峠(北海道和寒町)は天塩と石狩の国境にある険しく大きな峠である。明治四十二年二月二十八日の夜、急坂を登りつめた列車の最後尾の連結器が外れ、客車が後退をはじめた。偶然、乗り合わせていた鉄道職員・長野政雄がとっさの判断で、線路に身を投げ出し自分の体で客車をとめた。長野は殉職、乗客は救われた。
 三浦はこの話を旭川のキリスト教会で、長野の部下だった信者から聞いた。「熱心なキリスト者」、「犠牲死」の二つのキーワードが作家の心をうったのだろう。病身の綾子さんは、さっそく夫の三浦光世に付き添われ現場に足を運んだ。そして評論家佐古純一郎の勧めで月刊誌「信徒の友」に連載、「永野信夫」を主人公にした物語がはじまった。
 東京生まれの永野信夫は、十才になるまで祖母のもとで育った。母が「ヤソ」であるために祖母に疎まれ家を出てしまったからだ。祖母の死後に母との生活がはじまるが、やはり宗教観の違いに戸惑う。やがて友人吉川の誘いで北海道に渡り鉄道会社に勤めるようになる。片足が不自由なうえに結核に冒されている吉川の妹ふじ子に思いを寄せる。明るく振る舞うふじ子や町で出会った伝道師の生き方に魅せられ、キリスト教をうけいれるようになる。
 三浦は、娘時代から肺結核、脊髄カリエス、直腸癌、パーキンソン病とつぎつぎに難病におそわれる。だがその病気をありのままに受けとめ、時にはそれを糧にして小説やエッセイを書いてきた。「塩狩峠」もそんな一作。ふじ子の病苦に自身を重ね、自身の信仰への歩みを主人公に添わせた。信仰をめぐる心の揺れもわがことのように書いた。出版された文庫本のとびらには、三浦さんの希望で新約聖書の一節が添えられた。「一粒の麦、地に落ちて死なずば、唯一つにて在らん、もし死なば、多くの果を結ぶべし」。自らを「伝道者」とよんだ綾子さんのキリストへの思いをこの小説に託したのである。
 敬虔なキリスト教徒になった永野はふじ子と結婚を約束、結納のために札幌に向かう。事故は結納に向かう列車で起きたと設定、小説は悲しみを募らせる。「遺言で長野さんの手紙類はすべて焼き捨てられていたんです。でも長野さんの生き方に思いが深かったんでしょう。悩むことなく、とどまることなく、連載を完結しました」と夫の光世はいう。著作の多くは口述筆記で仕上げられたが、「塩狩峠」はその最初の一冊であった。
 二年前に旭川にオープンした「三浦綾子記念文学館」を訪ねた。針葉樹林のなかにしょうしゃな教会を思わせる造り。木づくりの館内はあったかい雰囲気に包まれていた。「塩狩峠は三浦文学の基調をなすものです。愛や犠牲死は三浦さんが訴え続けたテーマでした。それを率直に分かりやすく。だから心を打つんです」。高野斗志美館長はいう。
 そんな思いが通じて「塩狩峠」は文庫本で63刷、250万冊のロングセラーを続ける。この本がきっかけになって牧師になった人もいる。塩狩駅の無人待合所にあったノートには「三浦綾子さんの本を読んでキリスト教を信仰することになりました。新婚旅行の途中に立ち寄りました。ありがとう」とあった。
   
 みうら・あやこ 1922ー1999、旭川市生れ。小学校教員を敗戦後に退職。肺結核と脊髄カリエスを併発、闘病生活。64年に「氷点」で文壇に。「天北原野」「道ありき」など。

☆ メモ 三浦さんの書斎はそのままだった。窓から花木がみえる。三浦光世さんは穏やかな口調で執筆の様子を話し始めた。それは壮絶なものだった。